モロッコ

【モロッコ旅行記】迷宮都市フェズ!メディナの中の写真映えスポットを紹介

フェズのメディナとその周辺の観光について書いていこうと思います。

モロッコの観光都市、フェズについて

フェズはマラケシュに次ぐモロッコで人気の観光都市です。

フェズの一番の観光ポイントは1200年の古い歴史を持つ旧市街(メディナ)です。ここはこの旧市街全体が世界遺産に登録されています。フェズのメディナは「迷宮都市」と言われるくらいその中は迷路のように複雑です。

フェズ、メディナの全景です。フェズのメディナはただでさえ広いうえにとても入り組んでいるので、出来ればちゃんとしたガイドをつけた方が良いです。ガイドを付けた方が良い理由は詳細を後述します。

フェズはモロッコの中でも大きな観光都市のひとつですから、鉄道も通っていますしアクセスはしやすい場所です。フェズを起点にしてシェフシャウエンやヴォルビリスなどに行く各種ツアーも用意されています。

メディナの中のPhotogenicな観光ポイント

メディナの入り口、ブー・ジュルード門

メディナの入り口であるブー・ジュルード門。通称ブルーゲートと呼ばれる門ですが、ここ自体がとても美しい門で第一の観光ポイントです。

門の外側は青色ですが、これは街のカラー(フェズブルー)なんだとか。

確かにとてもきれいな門ですね!

そして門を入ってメディナの内側から見ると、今度は緑色になります!

緑はイスラムを意味するカラーなんだとか。

ここからメディナの中へと入っていけますが、メディナの出入り口自体は他にもたくさんあります。

メディナの街並み

私は事前にフェズ現地での観光ツアーを手配していたので、一日現地のガイドさんが一緒に回ってくださいました。

ガイドのムハンマドさんについてメディナの中を探索しました。

メディナの中には普通に人が住んでいる家もあれば、いろいろなお店(スーク)もあります。

どこもかなり歴史を感じる古びた雰囲気です。治安は良いそうなんですが、結構物乞いの方も多いしなんとなく率直な印象としてはちょっと”無法地帯感”があって、自分たちだけで歩くのには怖いのかもなぁと感じてしまいました。

住居街の中にもぽつんと出ている露店もあれば、ここ営業してるの?って思うような古びたお店もあったりします。

色とりどりな商品が並ぶお店屋さん

こちらは日本で言うところの「お総菜屋さん」に近いのかも。カラフルで写真映えして綺麗ですね♪

ドライフルーツやナッツ、木の実類などもたくさんばら売りしていました。ナツメヤシ(デーツ)は現地ではよく食べられているおやつですが、食物繊維も含まれていて腹持ちが良いので、日本でもダイエット中の女性向けの健康おやつなんかによく使われていますよね^^

服飾品のお店の並びなんかもありました。同じメディナの中でも随分印象が変わりますね。

食べ物のスークを歩いていたところ、なんとらくだの生首が下がっているお店…!

奥ではおじさんがちょうどらくだの頭をさばいている最中でした…なんでもらくだの肉は頭が一番おいしいんだそうですがなかなか衝撃の光景ですね。

モロッコの真鍮ランプ

モロッコの真鍮製品は有名らしく、綺麗な金色のトレイやランプなどがスークの中でも並べられていました。

こちらはおじさんが現在作成中。なんと手作業で模様を彫っているのです!

出来上がっている商品はこんな感じですが、こ、これを手作業で彫るの…??ってなりませんか?

真鍮のランプは色んなところにありますが、とても可愛らしいです^^

ランプはなかなか普段の生活で使う機会もないので買わずに終わってしまいましたが、お部屋のインテリアに出来たら素敵だろうなぁ。

モロッコ絨毯かわいい

モロッコのおうちは絨毯を壁にかけて飾ったりもするらしいです。

スークの中にも色とりどりの絨毯のお店が沢山あります。

私たちが入ったこちらのお店は工房が併設されていて、見学+絨毯の購入が出来ます。

お店の中にも壁一面にたくさんの絨毯がずらり。

モロッコの製品はハンドメイドが基本なのですよね。絨毯ももちろん一つ一つ手作業で作っています。

絨毯も可愛いのが沢山あったけど、どうしてもダニとかいろんな問題が気になってしまって使いづらいんですよね…なのでここも見学だけ、何も買わずに出てきてしまいました。

革製品の工場、タンネリは必見

モロッコは革製品の製造も盛んです。現地の革製品の工場を「タンネリ」と呼びます。フェズのメディナをガイドなしで歩いていると、しきりに「タンネリ?」と聞いて案内しようとしてくる人がいます(案内してもらうとチップを要求されます)。そのくらい、フェズのタンネリ工場は観光の場所として人気なのです。

革製品のお店に入ると、最初にミントを渡されます。なぜなら工場の中はすごい臭いだから、臭い消しのためにこれ持って行ってね、と渡されるのです。

私達の入ったお店の1〜3階は普通に革製品を扱うショップ、お店の中に入るだけで確かにすごい臭い。そして4階まで上がると工場の全貌を見ることが出来ました!

左側の白い液が最初に革を処理するための液なのですが、これには革を柔らかくしたりするなめし工程のためにアンモニア成分として鳩の糞などを用いているらしく、辺り一面すごい臭いなのです。。。

右側は染色液、なめし作業の終わった革をここに浸けているそうです。染色液は天然のものを使用していて、黄色はサフラン、青色はインディゴ、、、などなど(あと忘れた笑)

タンネリ工場の周りに革製品のお店が沢山あるので、それぞれのお店から工場が見学出来るようになっていますが、多分ここがガイドブックとかにも載ってて一番全景が綺麗に見えるお店みたいです^^

私はガイドを付けていたので連れて行ってもらえました。フェズのメディナの中は本当に迷路で自分達で辿り着くのはかなり難しいので、自信がない人は迷わずガイドをつけましょう。

フェズのメディナ内の治安とガイドの必要性

治安は悪くないらしい

モロッコは全体的に治安はとても良くて、フェズもそれほど治安は悪くないと聞いていました。ただ、メディナの中は建物が古いせいもあってか物乞いの人たちも目立つし少し怖い雰囲気を感じました。

しかしガイドさんに聞いたところ、基本的に治安は全く悪くないんだとか。でもかなり混沌とした雰囲気だったし、スリやひったくり、置き引きはいそうだなぁと思い、

私
スリ(pickpocket)とかいないの?

と聞いてみました。するとガイドさん、

ムハンマドさん
ムハンマドさん
No pickpocket!!!

と自信満々に回答されました。そんなに言い切るってことは本当にいないんでしょうね…。ちょっと意外です。

ムハンマドさん
ムハンマドさん
あ、でも(君たち)二人だけでメディナの中に入るならカメラを首から下げるのは辞めた方が良いよ。写真撮った撮らないでチップを要求されるし、自称ガイドって近づいてチップを取ろうとするような人はたくさんいる。

というようなことを言われました。

実際フェズのメディナを観光客だけで歩いていると、めちゃくちゃ話しかけられます。

「自分はガイドだから案内してあげるよ」

「タンネリに行きたいの?こっちだよ?」

などなど。そしてとにかくモロッコはどこに行ってもチップの国です。必ずチップを要求されるし、事前に確認しないとちょこっと案内しただけで数千円くらいのチップを要求されたりするようなこともあるみたい。

フェズ観光はガイドはいた方が安心

モロッコの中でも、シャウエンやマラケシュはガイドなしで自分達で回るのでも充分だと思いますが、どうしても金銭的に厳しいのでなければ、フェズだけはガイドをつけた方が良いと思います。日本語ガイドは高いですが、英語のガイドであればホテルなどで頼めば公認ガイド(Official Guide)をその日でも頼めると思います。

メディナの中は本当に迷路のようなので、自分たちだけで目的の場所にたどり着くのはかなり難しいです。

公認のガイドがついていてくれれば余計な「自称ガイド」のおじさんは寄ってこないし、複雑なスークの中も効率よく回れます。タンネリも一番綺麗に写真の撮れるお店に連れて行ってくれるし、主要な観光ポイントは回れます。

あと、ガイドがついてくれると「自称ガイド」みたいな人はよってこないし、バカみたいに高いチップを要求されることもないです。

例えば何日もフェズに滞在して、自分であれこれ探索しながら回るのも楽しみたい、というなら別ですが、滞在日数も限られていて、効率よく観光ポイントを回りたいなら現地ガイドありはオススメですよ^^

このサイトについて

お得に旅に出るために役立つ情報を色々紹介してます♪

>>>関連記事:効率よくマイルを貯める方法とは?【陸マイラーの基礎知識】

マイルを貯めると航空券がタダで貰えるって聞いたけど、どうやって貯めれば良いのか分からない、という人に!

>>>>関連記事:SPGアメックスカードは旅行好きなら是非持っておきたいクレジットカード

旅行好きさんにはSPGアメックスカードがとてもおすすめです。年会費の元はあっという間に取れちゃいますよ^^